新宿区・江東区・千代田区・大田区・港区・他関東一円 廃棄物収集処理

日本サニテイション 地球環境の未来を創造する

サイトマップ

産廃マニフェスト

マニフェスト制度とは

クリーンな未来を創るマニフェスト制度

マニフェスト制度とは、排出事業者産業廃棄物の処理を委託するときに、マニフェストに産業廃棄物の種類、数量、運搬業者名、処分業者名などを記入し、 業者から業者へ、産業廃棄物とともにマニフェストを渡しながら、処理の流れを確認するしくみです。
それぞれの処理後に、排出事業者が各業者から処理終了を記載したマニフェストを受取ることで、委託内容どおりに廃棄物が処理されたことを 確認することができます。これによって、不適正な処理による環境汚染や社会問題となっている不法投棄を未然に防ぐことができます。

委託処理する産業廃棄物はマニフェストで管理することが法律で義務づけられています。

マニフェストサンプル

産業廃棄物とマニフェストはこのような流れになります。

業者から業者へ、産業廃棄物とともにマニフェストを渡して行きます。排出事業者は、それぞれの処理終了後に、 各業者から処理終了のマニフェストを受け取ることで、委託内容どおりに廃棄物が処理されたかが確認できます。

マニフェストは産廃物の種類ごと行き先(処分事業場)ごとに、交付する必要があります。

1
排出事業者がマニフェストに必要事項を記入します。産業廃棄物を収集運搬業者に引き渡すとき、A~E票も渡して記載事項をお互いに確認します。
運搬担当者から署名、捺印をもらい、A票は控えとして保管します。
2
収集運搬業者は、産業廃棄物を中間処理業者に引き渡すとき、B1~E票も渡し、処理担当者から署名、捺印をもらいます。
B1票とB2票を受取り、B1票は控えとして保管します。
5
ここからは中間処理業者が新たに排出事業者となってマニフェストを交付します。
6
収集運搬業者は、産業廃棄物を最終処分業者に引き渡すとき、B1~E票も渡し、処分担当者から署名、捺印をもらいます。
B1票とB2票を受取り、B1票は控えとして保管します。

3
収集運搬業者は運搬終了後10日以内に署名、捺印されたB2票を排出事業者に返送しなければなりません。
4
中間処理業者は処理終了後10日以内にD票を排出事業者に、C2票を収集運搬業者に返送しなければなりません。
7
収集運搬業者は運搬終了後10日以内に署名、捺印されたB2票を排出事業者に返送しなければなりません。
8
最終処分業者は処分終了後10日以内に最終処分終了の記載(最終処分の場所の所在地および最終処分年月日を記載)したD票とE票を排出事業者に、
C2票を収集運搬業者に返送しなければなりません。
9
中間処理業者は最終処分終了の記載されたE票を受取った場合、排出事業者が交付したE票に、
最終処分終了の記載を転記して10日以内に排出事業者に返送しなければなりません。

マニフェストの保存
排出事業者はA票、B2票、D票、E票を、収集運搬業者はB1票、C2票を、処分業者はC1票を
それぞれ5年間保存する義務があります。

マニフェストの確認義務
排出事業者は委託業者からB2票、D票、E票が返送されてきたら、保管していたA票と照合し、委託契約書どおりに処理が行われたか確認します。
マニフェスト交付日から90日以内にB2票、D票が、180日以内にE票が返送されない場合は、委託した廃棄物の状況を把握し、適切な措置を講じ、都道府県知事等に報告する義務があります。

▲ ページTOPへ

マニフェストの流れ

詳細説明

排出事業者、収集運搬業者、処分業者間でやりとりするマニフェストを、一次マニフェスト、処分委託者としての中間処理業者、収集運搬業者、最終処分業者間で やりとりするマニフェストを、 二次マニフェストと呼びます。どちらも使用するのは同じ様式の用紙です。

■直行用マニフェストの7枚複写詳細
A票
:排出事業者の控え
B1票
:運搬業者の控え
B2票
:運搬業者から排出事業者に返送され、運搬終了を確認
C1票
:処分業者の保存用
C2票
:処分業者から運送業者に返送され、処分終了を確認
D票
:処分業者から排出事業者に返送され、処分終了を確認
E票
:処分業者から排出事業者に返送され、最終処分終了を確認

▲ ページTOPへ

  • 産廃エキスパート認定
  • JAB
  • ISO14001

廃棄物の依頼・お問い合わせおよび工場見学のお申込み

お電話でのお問合せはこちら
03-5534-3521
パソコンからのお問合せはこちら
お問合せフォーム

HOME企業メッセージ事業案内用語解説お問合せサイトマップ個人情報保護方針個人情報の取り扱いについて