新宿区・江東区・千代田区・大田区・港区・他関東一円 廃棄物収集処理

日本サニテイション 地球環境の未来を創造する

サイトマップ

用語集

汚泥処理、廃油処理、産業廃棄物処理、清掃の用語解説

  • 用語集TOP
  • 廃棄物の分類
  • 産業廃棄物の種類と具体例
  • 特別管理産業廃棄物の種類、性状および事業例
  • 用語一覧

用語一覧

種類 具体例
汚泥・スラッジ 汚泥とは、工場の排水処理や製造工程などから排出される泥状の物質です。
廃アルカリ 廃棄物の1種です。不要になったアルカリ性溶液を指します。
特別産業廃棄物 事業活動で生じた廃棄物のうち、取り扱う過程で有害性が懸念されるものを指します。
中間処理 中間処理とは、焼却施設、廃プラスチック類の破砕設備、発泡スチロールの粉砕・圧縮施設、廃酸・廃アルカリの中和施設、汚泥の脱水施設、油の再生施設など、廃棄物を減量化(減溶化)、再資源化をおこなうことです。
マニフェスト マニフェストシステムとは、排出事業者が産業廃棄物の処理を委託する際に、産業廃棄物の名称、数量、運搬業者名、処分業者名などを記入し、産業廃棄物の流れを自ら把握・管理するシステムです。
 ※ 電子マニフェストも同様管理システム
廃油 潤滑油、洗浄用油などの不要物で、「他人に有償で売却できないために不要になったもの」と定義されています。
産業廃棄物 事業活動で生じた廃棄物のことです。ここでいう事業活動とは、製造業や建設業、商業活動や水道事業、学校などの公共事業も含みます。
産業廃棄物とは、排出した事業者自らが処理することを原則とし、各都道府県の範囲を限定せず、広域移動が可能です。
一般廃棄物 産業廃棄物(事業活動で生じた廃棄物)以外の固形状、または液状の廃棄物を指します。工場や自動車の排ガスなどの気体は、廃棄物に該当しません。
一般廃棄物は、それを出した市町村が最終的な処理責任を持ち、自区内で処理することが義務付けられています。
油水分離槽 油水分離槽は、ガソリントラップ、オイルトラップ、グリス(グリース)阻集器、油脂分離槽などと呼ばれます。
油水分理槽の基本構造は、水と油の比重の違いを利用した自然分離浮上方式が一般的で、吸着法や生物(微生物)処理、化学処理と併用するタイプもあります。
粗大ごみ 一般廃棄のうち、家具、家電製品、石油・ガス器具、自転車、家具、カーペット、楽器、遊具類など、ある寸法や重量以上の大型の耐久消費財をいうが、ゴミ処理上の適正処理困難物が多い。
粗大ごみの定義は、各自治体によって指定され、有料で取りにきてもらうことになる。一般に、埋立地の寿命を短くする懸念がある容積が大きい廃棄物を指し、戸別収集の後、破砕処理し金属などを回収した後に残滓を埋立または焼却する。古木材や樹木等を含むが、家電法指定品目は除くのが一般的である。
  • ※ 参考資料 「財団法人 日本産業廃棄物処理振興センター」
  • ※ EICネット{環境用語集」
  • ※ @IT情報マネジメント用語事典インデックス

▲ ページTOPへ

  • 産廃エキスパート認定
  • JAB
  • ISO14001

廃棄物の依頼・お問い合わせおよび工場見学のお申込み

お電話でのお問合せはこちら
03-5534-3521
パソコンからのお問合せはこちら
お問合せフォーム

HOME企業メッセージ事業案内用語解説お問合せサイトマップ個人情報保護方針個人情報の取り扱いについて